hiromame777のブログ

自分との対話

子どものありのままを受け入れる

子どものありのままを受け入れる

学級経営で大切なこと

ありのままとは何かという問いに

今の自分が答えるとしたら

人間は良いところと悪いところ両方持っている

だから人間のありのままとは

良いところと悪いところ両方ある状態

ありのままを受け入れるとは

良いところと悪いところのどちらも

教師の意図で捻じ曲げる事なく受け入れる

ということではないか

 

とことん子どもを人として理解しようとすること、尊重すること、育てること

まずは子どものありのままを観ることができるかどうか

 

ここから学級経営がスタートする

という意味ではないかと思う

楽しい授業が良い理由

良い順に並べると?

A楽しくてためになる授業

B楽しくないためになる授業

C楽しくてためにならない授業

D楽しくなくてためにならない授業

 

A→◻︎→◻︎→D

AとDがこうなるのは確実だが、CとDが少し悩む

 

断然、A→C→B→Dだと言った方がいる

というのを院の授業で耳にした。

 

楽しい>ためになる、という考え方である。

 

楽しいのが良いというのはわかる。

ただためになるより上かな?と私は不思議に思う。

 

今朝、自分なりの答えが降ってきた。

 

楽しい=そのもの自体にやる「価値がある」

だから、楽しい授業は子どもたちにとってやる「価値がある」

 

じゃあ、ためになる授業は…

子どもたちにとってやる「価値がある」ものになっているか

 

楽しくなくても子どもたちにとってやる「価値がある」授業であれば、楽しい授業と同等かそれ以上に良い授業と言える場合もあるのではないかと朝ごはんを作りながら思う。

 

子どもを信じて待つの正体

子どもを信じて待つの

 

信じるとは何を信じることなのか

 

 

私は子どもの可能性だと思う

 

その子どもができるようになる

 

という可能性

 

できる力がある

 

という可能性

 

 

その可能性っていうのはつまり

 

まだ子どもが出来ない

 

未発達なこと

 

なんだけど

 

発達可能だと教師自身が

 

信じる領域のこと

 

だとすると

 

それは

 

ヴィゴツキーのいう

 

発達の最近接領域がある

 

ということを

 

信じて待つ

 

ということになるのではないか

 

 

だとすると

 

発達の最近接領域は一人ではできないけど

 

誰かとやればできる

 

(そして明日は一人でできる)

 

領域だから

 

信じて待つときに

 

子どもを一人ぼっちにしてはいけない

 

つまり

 

子どもが誰かとできるような

 

仕掛けをして待つということが

 

大事なのではないか

 

 

私なりに考えた

 

「子どもを信じて待つ」の正体は

 

「子どもの発達の最近接領域があることを信じて

 

誰かとできるような仕掛けをして待つ」

 

極めると似てくる+成し遂げたいことがある幸せ

同じような姿を目指しているが

 

そこまでの連れて行きかたが違う?

 

でも、どの連れて行きかたも

 

極めていくと

 

とても似てくる

 

それは

 

真理というか

 

人間の本質に迫るものに

 

近づくと

 

自ずとそうなるのかもしれない

 

 

極める前に

 

他の連れて行きかたと競ったり

 

批判したりせず

 

「我々は連れて行きかたが違いますが

 

目指す姿まであきらめないで

 

連れて行きましょうね」

 

と言って別れたらいい

 

 

目指す姿がそもそも違うんだと

 

目くじら立てず

 

自分の置かれた場所で

 

精一杯自分の生き方を

 

全うしたらいい

 

自分の成し遂げたいことを

 

見つけられた人生は幸せ

 

成し遂げられなくても

 

成し遂げたいと自らの意思で

 

多くの時間を過ごせたこと自体が

 

とても幸せなこと

 

だと私は思う

 

客観と主観

私は他の人よりも

 

主観的に何でも考えてしまうなぁと

 

感じることが多い

 

でも

 

自分が周りから見て主観的って

 

他の人よりも

 

客観的に

 

自分を見ることができている

 

 

独りよがりになる今日(笑)

 

 

いやこれは居直っているわけではない(はず)

 

自分で自分にあなたはあなたで良い

 

と承認することで

 

じゃあ

 

その"自分"でできることはなに?

 

できないことはなに?

 

どうしたいんだい?

 

って前向きに

 

次に働きかける動力とする

 

これが大事

 

というか

 

実はこうするしかできないことに

 

気づくというか

 

 

「自分は自分でいい」と

 

慢心ではなく

 

謙虚に

 

素直に生きるのが

 

大事?

結果よりプロセス

プロセスにこそ

 

何のために行うのかの目的が

 

反映されると思う今日

 

 

ある場面が目に浮かぶ

 

ある教師のある教室の朝

 

体育館で行われる全校集会のために

 

教室後方に並んで

 

移動する場面

 

 

教師は静かに並んで移動させたい

 

それはなぜか

 

・学校のルールだから、、、否?

・自分のクラスがちゃんと並んで移動しないとバツが悪いから、、、○?

・自分の指導力を評価されたいたら、、、◎?

 

見た目という

 

「結果」にこだわる

 

ルールを強調して威圧したり、

 

忍者だよなどといって遊びにしたり、

 

とにかく何とかして静かに並んで移動すればいい

 

と考える

 

結果重視

 

 

静かに並んで移動する、

 

それは何のために必要なのか

 

それを子ども共有するプロセス

 

が必要なのではないのか

 

むしろ

 

きれいに並んでいることよりも

 

その必要性を考える

 

プロセスにこそ意味がある

 

と感じる

 

教師の価値観が必要なのではないか

抽象度を上げて汎用的に

上田薫(2015)「人が人に教えるとは  21世紀はあなたに変革を求める」医学書院

 

を読み終えた。

 

その後、

 

同じゼミのMさんと

 

研究について話した。

 

方法じゃない

 

方法の前提にあるファシリテーターの技術

 

技術の前にある目的

 

だんだん抽象度は上がるが

 

それゆえに

 

そこを共有することで

 

他の場面にも転用可能なスキルとなる

 

これは

 

ファシリテーター技術も

 

学び合いで学ぶことも

 

同じ