読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiromame777のブログ

自分との対話

自分ができないことを許す

 

「自分で作るので

    本当にM先生やらなくて大丈夫です」

 

明らかに不機嫌に言った

 

卒業式の飾りの話である

 

ーーーーーーーーー

 

 

最近、調子がおかしかった

 

体調が優れないというのもあるが

 

人と関わる気がおきない

 

どっちかというと

 

無気力感

 

精神も風邪を引いた?(笑)

 

周りの人たちの言うことに

 

いちいち突っかかるような感情が浮かぶ

(言葉には出さないが)

 

 

そんな日が続き

(とはいっても2日間だけだが)

 

そんな態度が周りに誤解を生み

 

多少なりとも

 

周りに気を遣わせたり

 

傷つかせたりした

 

いつも通りに戻せばいい

 

という話なのだが

 

難しい

 

 

殺気みたいなものが

 

身体中から出ているのが

 

自分でも分かる

 

自分でも自分が居心地が悪い

 

 

ただ、

 

「私は間違っていない」

 

という

 

固い殻のようなものが

 

常に頭の中にこびりついている

 

 

そこに

 

見えたもの聞いたもので

 

自分の考えに合わないものがあると

 

コツンとぶつかる

 

 

よく言われて嫌なことを言われたときに

 

カチンときた

 

という「カチン」ときっと同じ

 

 

このままだと

 

自分も相手も不幸だわ

 

 

と分かってはいるが

 

どうやって直せばいいのか分からず

 

ちょっと絶望的な気持ちになる

 

 

誰かに話を聞いてもらったり

 

アドバイスをもらったり

 

するのも一つの手だが

 

私はそれが苦手

 

 

今回は

 

自分でもう一回

 

一つ一つの事例を思い出して

 

振り返ることで

 

少し整理がついた

(俗に言うアンガーマネジメントかなと思う)

 

 

自分の考え方を振り返った結果

 

とっても幼稚なこと

 

「周りの人に尊重されたい」

 

という思いの存在

 

「尊重されていない自分が自分で許せない」

 

という思いの存在

 

 

今年度あと1ヶ月半

 

卒業式までの準備

式歌の指導

子どもとのかかわり

 

一人では全部できないのに

 

その「できない」を認められなかったために

 

こういう事態に陥った

 

自分で自分に

 

「できません」って言ったら

 

少しスッキリとした

 

 

きっと周りの人たちは

 

何も前と変わらない

 

私に協力しようとしてくれている

 

 

自分で勝手に自尊心をさげ

 

勝手に自信を失い

 

勝手にピリピリしていた

 

だけである

 

ーーーーーーーーー

 

私の殺気を受け、気を遣ったM先生は

 

今日職員室の机の上に山積みのおはながみを乗せて

 

退勤時間過ぎているのに

 

綺麗な花をたくさん作っていた

 

 

 

明日もM先生がお花を

 

「作り始めたら止まらなくなっちゃって」

 

と言いながら作るのだと思うと

 

申し訳なくて気が重い